AGAの治療ができる|薄毛に悩んでいるなら結果が得られる病院を

男性女性

気になる薄毛その対処は

笑顔の女の人

薄毛は男性だけではない

薄毛といえばどうしても男性のイメージが強いとされますが、実は女性にも少なくないのです。ただし、男性と女性では薄毛の原因が異なり、男性は男性ホルモンの影響、女性は女性ホルモンの影響によると言われています。特に、女性の場合は40代以降に薄毛の悩みが増えてきます。これは、閉経に向かって女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少し、そのせいで髪の発達・成長力が落ちてしまうからなのです。エストロゲンの減少は誰にも起こる現象ですが、ただし薄毛の進行は普段の生活習慣やヘアケア等を注意することで充分対処は可能です。中でも、睡眠不足は毛母細胞の成長ホルモンを阻害することから大敵とされています。できれば、夜11時までには就寝する習慣をつけることが望まれます。またストレスはホルモンバランスを崩す原因となりうるため、これも要注意です。さらに、頭皮に合わないシャンプーはトラブルのもととされていることから、髪と頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーの使用が推奨されています。こうした生活環境やヘアケアを見直すことが、改善へのまず第一歩なのです。

さらなる改善に向けて

生活環境やヘアケアの見直すことで、育毛環境はかなり整ってきます。それにさらに一歩前進するのに有効とされているのが、育毛剤の使用です。育毛剤といえば男性用のものが市場に多く出回っていますが、ここ最近は女性用のものも増えてきています。しかし、その選び方となるとどういった基準に基づけばよいのかわかりにくいという声が多いのです。一般に育毛剤には、医薬品・医薬部外品・化粧品の3つが存在します。医薬品はその字の如く薬剤であり、治療や予防目的でその効果が正式に認められたものです。ただし、副作用の可能性もあることから、使用する際には医師に相談するなどの慎重さが求められます。医薬部外品は、医薬品ほどの強い効能はなく効き目が緩やかなものです。そのため、比較的長期間の使用することが目的の育毛剤といえます。最後の化粧品となると、それそのものに育毛効果があるというよりも、頭皮を清潔に保ち保湿効果を与えることで髪を成育しやすい環境に整えるといった目的が主眼です。こうした違いを踏まえて、自分に合った育毛剤を探すと良いでしょう。

Copyright © 2016 AGAの治療ができる|薄毛に悩んでいるなら結果が得られる病院を All Rights Reserved.